渡邉悦代

Etsuyo Watanabe

園長・ドッグトレーナー

プロフィール

お節介&世話好き。現在3ワンズのママでもある。2人の母の介護をしながら自宅兼店舗で犬家保育堂をオープン。介護も犬育ても忍耐あるのみだが、介護で凹んでいると愛犬達に助けられ、トレーニングに行き詰まると母達の笑顔に助けられ、何事も独りでは解決出来ないと実感しつつ今日もワンコまみれになりながら悪戦苦闘中。

Profile Picture

スタッフ犬

左:蘭丸(らんまる)2010年生まれ、ジャックラッセルテリア、保育堂の犬慣れ&教育部長、人の言葉を良く聞き分け、目力パワーとおねだりパワーはかなりのもの、犬にも人にも人気があるが、頑固度では3本の指に入るツワモノ。
真ん中:景虎(かげとら)2012年生まれ、ジャックラッセルテリア、保育堂の警備部長&お笑い部長兼任、プレイルームのど真ん中でいきなりお腹を見せ皆を驚かせるネタあり、園長の警備部長も自ら志願、食いしん坊で頭の中の9割が食べる事。
右:貫太郎(かんたろう)2010年生まれ、ジャックラッセルテリア、保育堂のボス、大型犬と柴犬とコーギーが苦手だが、オープン時からの付き合いのある柴犬は友達。免疫不全体質&ナイーブな性格ゆえ、病院とは縁が切れないが病院嫌い。園長が夜なべしていると最後まで付き合ってくれる優しいやつ。

園長からのメッセージ

お留守番が長い、犬や人に興奮しやすい、散歩が苦手、太りすぎ等、愛犬のお困り事、ぜひ保育堂にご相談下さい。
犬や人に興奮しやすい、散歩が苦手、これらは社会化不足が原因です。そして社会化は生後3か月の子犬時から始めるのが一番です。問題行動が起こってからではなく、右も左も分からない子犬のうちに社会化をスタートさせた子たちは、大型犬も全く怖がらず、また犬同士で遊びながら育つので、甘咬み問題も早めにクリアしています。保育堂ではとにかくたくさん遊んでもらい、遊びの中から学んでもらいます。勿論犬同士が遊ぶ時は相性やコンディションなどがありますので、経験豊富なスタッフと先輩犬たちがサポートいたします。
犬育ての順番は躾よりもまず社会化を先にスタート。勿論成犬になってから社会化を始める事は出来ますが、一度心の中に出来てしまった恐怖心や警戒心を解くには長い時間が必要です。苦手な物を克服するのは人でも大変です。苦手になる前に色々な物に慣れておきましょう。犬は人よりもずっと警戒心が強く保守的な動物です。いつもと違う事が苦手です。散歩やお泊り、通院、トリミング等、外に出なければいけない事はたくさんあるのですが、普段家の中にいて家族とだけ過ごしている生活ではこれらの事が苦手になりがちです。
いつもと違う事(環境)があると、ストレスを感じ、それが長く続くとストレス性の下痢になります。特にホテルや入院でなどで顕著に現れます。飼い主さんは愛犬の日常のお世話+先々の事も考え、色々準備して下さい。犬は急には変われませんので、時間をかけて少しずつ慣らしていく事が大切です。
また、一般的な躾だけでなく、愛犬のお困りごともぜひご相談下さい。
保育堂ではダイエットやトイレトレーニングなど、健康や習慣に関する事も大切だと考えています。健康でなければ穏やかに暮らす事も出来ません。
そしてそれは性格、環境、年齢、犬種などにより、対処方法も変わってきます。
保育堂はトレーニング(躾)だけでなく、お預かりも長くさせていただいておりますので、多角的なアドバイスが出来ます。そして飼い主さんと相談しながら良い方向に向けてステップアップしていく方法を取っております。躾や社会化は魔法ではありませんので、いきなり解決という事はまず有り得ません。保育堂に長く通っていただき、登園当初とは別犬の様に見違えていくワンコ達を見守るのが園長の至福の時でもあります。

松川菜摘

Matsukawa Natsumi

ドッグトレーナー

プロフィール

現在は子育てとワンコ育てに奮闘中。産休後初めての出勤時、仲良しのあんずちゃんよりもママに向かって走っていったスタッフ犬を見て、彼女のワンコ愛を再認識した園長です。
 
好きな事:愛犬とのお出かけ、甘いもの
苦手な事:爬虫類、部屋の片付け
パートナー犬:あんず(コーギー♀2016年生れ)

Profile Picture